私たちのこと

グループホームとは?

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)とは、認知症の方を対象にした専門的なケアを提供するサービスです。ご入居者様が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、グループホームに入所し、家庭的な環境と地域住民との交流の下で、食事や入浴などの日常生活上の支援や、機能訓練などのサービスを受けます。
当グループホームでは、1つの共同生活住居に9人の少人数のご入居者様が、介護スタッフとともに共同生活を送ります。

いきいきの家 香取でのくらし

1日の過ごし方

画像:グループホームの一日

体操や歌を歌うこと、トランプ遊びなどのレクリエーションの時間があったり、リビングで談話したりと他のご入居者様の方や職員との交流も活発です。
自室では、ご自宅で使用されていた家具に囲まれ、自由にゆったりとお過ごしいただけます。
安全で快適に、ご入居者様ごとに「自分らしい」生活を送っていただいています。

ケアについて

画像:ケアについて

毎日、決まった時間にバイタル(体温、血圧)測定を行い記録に残しています。

年間行事・イベント

年間行事・イベント

誕生日会、秋祭り、納涼祭、敬老会、お月見会、芋ほり会、クリスマス会・・・を行っています。また、イチゴ狩りやあじさい見学、コスモス見学などドライブを兼ねて出掛けています。

きいきの家 香取の取り組み

いきいきの家 香取では、理念を実現するために、
『夢プラン』『ユマニチュード』という取り組みを行っています。

夢プラン

A様のケース「海が見たい」

海が見たいと話されていたので、昔行ったことのある銚子の海を見に行きました。

B様のケース「美味しい物が食べたい」

新聞広告のお寿司を見ては美味しい物が食べたいと仰っていたので、お寿司を食べに出掛けました。 

グループホームにいることで夢を諦める事なく「最後まで希望をもって、その人らしく生きる」ために、職員がご入居者様との普段の会話から想いを汲み取り、夢を叶えるお手伝いをします。
〇〇へ行きたい、〇〇をしたい、〇〇を食べたい・・・
そのような「夢」や「希望」を叶えるために、全職員が考え取り組んでいます。

ユマニチュード

「ユマニチュード」とは近年、世界で効果が認められているフランス生まれの新しい認知症ケアの手法です。
「見る」「話しかける」「触れる」「立つ」の4つの柱を基本とし150の手法からなります。
『人は見つめてもらい、誰かと触れ合い、言葉を交わすことで存在する』という考えのもと、人との関わりを大切にしながら、ご本人の自立を促します。
ユマニチュードの技術はご本人の心を開く効果だけでなく、ケアする側の心も落ち着かせ、さらにご本人に優しくできる効果を発揮する魔法のケアと言われています。

ユマニチュード

いきいきの家 香取では、日常のケアにユマニチュードを取り入れご入居者様をサポートいたします。

画像:わたしたちについて
画像:わたしたちについて

医療との連携について

病院との連携

連携施設である栗源病院より医師が週1回、看護師が週1回、合計週2回、医療従事者が訪問し診察いたします。
また、栗源病院への受診もいきいきの家 香取の職員が付き添います。

施設概要

運営 医療法人社団 寿光会
施設名 グループホーム いきいきの家 香取
所在地 〒287-0041 千葉県佐原市玉造1丁目4-1
設立 2012年2月1日
入居定員 2ユニット18名(1ユニット9名)
共用施設 スプリンクラー、消火器、非常火災警報装置
協力医療機関 医療法人社団寿光会 栗源病院、菅井歯科
総床面積 494.16㎡
構造 木造1階建・全室個室・冷暖房完備
施設の類型 認知症対応型共同生活介護